セッション2「過去の自分客観視ワーク」

 

セッション2「過去の自分客観視ワーク」は、本当の自分が求めているものが何なのか知るため、主観ではなく客観的に自分を視るワークです。セッション1で思い出したことを元に自分自身はいったいどんな人なのか見つめ直します。本当の自分が一貫して大切にしている考え方や思いが明確になると、判断に迷わなくなったり、あなたの思いに共感する人が集まってきたり、協力してくれたり・・・数え切れないほどの恩恵があります。

ワークシートを提出していただいた方には添削セッションをご用意しています。添削セッションでは、林なつ子先生が「本当のあなたが求めているもの」の仮説を導きだします。そして、あなた専用の添削動画を作ってお届けいたします。

 

[実施方法]
セッション1「自分の人生棚卸しワーク(Ⅰ)」のシートを左に、
セッション2「過去の自分客観視ワーク(Ⅱ)」のシート(このメールに記載されているリンクファイル)を右に並べてワークに取り組んでください。

①両親から受けた影響を記載します。

②セッション1「自分の人生棚卸しワーク」で思い出した出来事があったときに、あなたの思考や感情がどのようであったかを書き出します。

③それぞれの年代であなたは客観的に見てどのような人(子供)であったか書き出します。

④これまでに書き出したことを全体的に眺めてみましょう。

 

この中からあなたが生まれてから現在まで一貫して変わらず大切にしている考え方や思いを見つけます。

よく出てきたキーワードを色ペンで○を囲みながらいくつかに分類してみてください。

 

そしてその分類ごとの関係性を見てみると答えが出てくるかもしれません。


早速下記のPDFファイルをダウンロード&印刷して進めてください。



[過去の自分客観視ワーク(Ⅱ)]
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/aEwhMb

※ファイルは全部で2枚あります。2枚目に書き方事例が記載されていますので参考にしてみてください。

 

〈アドバイス〉
もし1~3を進めるのが難しければ、一旦筆を止め、目を閉じ深呼吸しながらその時の情景を思い描くようにしてみてください。

そして「考える」というよりも「思い浮かべる」ということをしてみてください。

自分がどんな人で、どんな時に何を考え、どんな時に喜び、どんな時に怒るのか・・・
自分を見つめ直すと答えが浮かび上がって来るかもしれません。

 

[提出]
ワークシートをスキャンまたは写真を撮って
こちらのメールアドレスに添付ファイルとして
ワークシート2枚をセットにしてお送りください。

<提出先>
session@cd-kiki.com

<ご提出いただくシート>
自分の人生棚卸しワーク(Ⅰ)1枚
過去の自分客観視ワーク(Ⅱ)1枚

 

〈注意〉
ご提出いただくファイル形式はPDFまたは
JPEGでお願いいたします。ご提出前に文字の判読の可否を再度ご確認ください。ご提出いただいたワークシートの内容や個人情報を第三者に漏らすことは一切ございません。

真剣にワークに取り組んでいないと判断した場合、添削動画の送付をお断りすることがございます。
林先生もそれだけ真剣に添削いたしますのでご理解ください。

 

〈期限〉
今から1週間以内にご提出お願いします。もしどうしても1週間以内に時間が作れない場合には、期限前にご連絡をお願いいたします。

それでは、取り組んでみてくださいね。

 

シートのご提出を楽しみにしております。
もしもご不明点やご不安がございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。
→session@cd-kiki.com

 

タグ:

キキのLINE@

キキの最新情報を配信中!

友だち追加

 

キキのニュースレター

ご登録いただけますと、キキの最新情報をメールにてお受け取りいただけます。